トップ > 3. 私が知ったスチュワーデスの世界

3-3. 肉体的負担

スチュワーデスの肉体的負担。それはフライトそのもののタフさです。 当然サービス業ですから肉体的に疲れるのは当然です。

何がそんなに大変なのかというと、日本国内を飛ぶ場合は一日に飛ぶ回数、外国を飛ぶ場合は時差と、違った大変さがあります。 日本という国はあまり大きな国土を持たないため、端から端まで飛んでも大した飛行時間になりません。


Warning: include() [function.include]: http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_include=0 in /virtual/svr2/public_html/www.fatndnt.com/33.html on line 49

Warning: include(http://www.10diet.co.jp/php/rirento88.inc) [function.include]: failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /virtual/svr2/public_html/www.fatndnt.com/33.html on line 49

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'http://www.10diet.co.jp/php/rirento88.inc' for inclusion (include_path='.:/usr/local/lib/php') in /virtual/svr2/public_html/www.fatndnt.com/33.html on line 49

千歳から那覇を結ぶ幹線とそれ以外のローカル路線を飛ぶのですが、一日平均3回から4回離着陸をします。
たとえば東京ー大阪ー福岡ー大阪ー東京なんて飛ぶとあっという間に4回離着陸です。
そうなると体も気圧の影響を受けて中耳炎になったり、度重なる着陸の衝撃で腰痛になったりします。

そして外国路線は時差の関係で不眠症になってしまったりするケースもあります。 腰痛は着陸時のみに起こるわけではなく、サービスをする時重たいカートを引っ張ったり、 不自然な姿勢でお食事を提供したり、重たいものを持ち上げたりする業務の性格上、たいていのスチュワーデスは悩まされています。

肉体的負担

時差ボケに至っては寝たい時に眠れない、その結果寝ずのフライトをしなくてはならなくなります。
体力がない人は数年でやはり辞めていきます。

つまり世の中の年配スチュワーデスはすごい体力の持ち主で尊敬に値する人たちなのです。 何よりもスチュワーデスになるための一番の条件は体力。
これは絶対条件です。

3-1. 理想と現実 3-2. 精神的負担 3-3. 肉体的負担 4.内面と外面 > 4-1.スチュワーデスはみんな美人? 4.内面と外面 > 4-1.スチュワーデスはみんな美人?